[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

 


>>離婚や慰謝料の相談もワンストップで行えます<<

 

過去の浮気調査:20年前の浮気でも離婚や慰謝料請求は可能?

浮気は多くのカップルにとって大きな問題となります。特に、その浮気が結婚生活に大きな影響を及ぼす場合、離婚や慰謝料請求の対象となることが一般的です。

しかし、浮気が数年、あるいは数十年前のものであった場合、どのような法的影響があるのでしょうか?

 

 

浮気の時効とは?

浮気に関する慰謝料請求には「時効」という法的要素が存在します。これは、ある一定の期間が経過すると、その権利を行使することができなくなるというものです。

具体的には、浮気の慰謝料請求の基本的な時効は3年とされています。

 

つまり、浮気を知った日から3年以内に請求しなければ、その権利は消滅するということです。

 

 

20年前の浮気は離婚の理由になるのか?

一般的に、浮気から20年以上経過すると、慰謝料請求は難しくなるとされています。

しかし、例外も存在します。

たとえば、浮気の事実を最近知った場合や、浮気の影響が現在も続いている場合など、特定の状況下では時効が適用されないこともあります。

 

 

離婚を求める際の証拠収集

過去の浮気を離婚の理由として挙げる場合、その証拠が非常に重要となります。

特に、裁判や調停を通じて離婚を進める場合は、第三者が関与するため、客観的な証拠が不可欠です。

 

過去の浮気に関する証拠としては、写真やメール、手紙などの物的証拠や、浮気相手や関係者からの証言などが考えられます。

 

 

まとめ

過去の浮気が現在の結婚生活に影響を及ぼす場合、その浮気を離婚や慰謝料請求の理由として挙げることは可能です。

しかし、時効や証拠の有無など、多くの要因が影響するため、具体的なアドバイスや対応を求める場合は、専門家の意見を取り入れることをおすすめします。

 

 

初めて浮気調査を探偵に依頼するなら

初めて探偵に調査を依頼するなら、AMUSEがおすすめ。

AMUSEは全国一律で1時間3980円~と、初めて利用する方でも安心して利用できます。

【AMUSEの詳細な情報はこちらから】

AMUSEは公式サイトもわかり易い内容になっているので利用しやすいと思います。

 

AMUSE以外の浮気調査でのおすすめのサービスはこちらで紹介しています。→浮気調査

 

 

Miki | 30代女性。バツイチ。離婚時に探偵事務所を利用し、慰謝料をしっかり受け取った経験者。

詳細なプロフィールはこちら

© 2023 浮気調査 rss